コンタクトレンズをつけてできる花粉症対策

レンズに花粉が付くと、こすり洗いしてもなかなか落ちず、花粉症の症状が悪化してしまいやすいのです。しかも、レンズの汚れによって、結膜炎など、もっと深刻な目の病気になってしまうかも…。
「この時期だけはメガネだけ使うのがいい」と聞いても、普段コンタクトを使っている人にはちょっと難しいですよね。では、どうすれば、花粉の時期でも快適にコンタクトを使えるのでしょうか?
花粉症の方でカラコンやコンタクトレンズを着けたい場合の使用上の注意点などを紹介します。

コンタクトレンズの花粉症対策

まずは、1日使い捨てタイプのレンズにすることです。
2週間や1か月など、長期装用のタイプだと、どうしても汚れを落とし切れないことが多いので、
1日使い捨てなら、毎日新しいレンズに変えることができ、清潔で快適です。

ワンデータイプは割高だから…という人も多いですが、花粉症の時期だけは、
ちょっと頑張ってワンデータイプを買うことをおススメします!

非イオン性のレンズを選ぶとグッド!

また、非イオン性のレンズを選ぶと、さらに良いです。
ワンデータイプでも、1日の間に花粉がどんどん吸着して、夕方になると症状がかなりひどくなってしまう方もいるでしょう。
非イオン性のレンズなら、タンパク汚れや脂質汚れなどが付きづらく、
花粉の汚れも付きづらいので、目にやさしいですよ。

1日の装用時間を短くする

そして、1日使い捨てタイプのレンズであっても、なるべく1日の装用時間を短くすることが大切です。
ムリして長時間使いすぎると、やっぱり、レンズに汚れがどんどんたまり、それが目に大きな負担になってしまいます!

外出先から帰ってきたら、すぐにコンタクトを外してメガネに変えて、目を休ませてあげてくださいね。
花粉症の方は、コンタクトを外したらとたんに症状が楽になることも多いと思いますよ。

大切な目を守るために、花粉対策をぜひ行ってくださいね!

花粉症対策をしてコンタクトレンズを使いましょう!
花粉症の時期は、目がかゆかったり、充血したりと、色々な症状に悩まされますよね。普段、視力矯正用のコンタクトレンズや、おしゃれ用のカラコンを使っている人は特に、レンズに汚れが付きやすいので、対策が必要になってきます。

総合版 カラコン人気ランキング!

カラコン人気ワンデーおすすめランキング
2014年12月4日 コメントは受け付けていません。 カラコンQ&A