カラコンDIA(レンズ直径)14.00ミリと14.50ミリの違いと選び方は?

DIA(レンズ直径)14.00ミリ
dia 14.00ミリ
画像:ヴィーナスアイズ キャンディーブラウン

DIA(レンズ直径)14.50ミリ
dia 14.50ミリ
画像:ヴィーナスアイズ メガキャンディーブラウン

14.00ミリを選ぶか14.50ミリを選ぶかで見た目の印象が変わります!
大きすぎると白目の範囲が狭くなって不自然に見えてしまいます。
白目と黒目のバランスを大切にしながら選びましょう!

カラコンDIA(レンズ直径)14.00ミリと14.50ミリどっちがいいか

カラコンを選んでいると、同じデザインでも、DIA(レンズ直径)が14.00mmのものと、14.50mmのものがあり、
自分にはどちらがいいのか、つい迷ってしまいますよね。

たった0.5mmの違いですが、装着してみると、どれくらい違うのでしょうか?

0.5mmというと、1センチもないくらいだし、そんなに違わないような気がするかもしれません。
でも、目ってそもそも、そんなに大きなサイズではありませんよね。
目を測ってみると、横幅が3センチから大きくても4センチ程度。
上下の幅(縦幅)は1.5センチ程度。
しかも、黒目自体の直径はだいたい1.2センチくらい。
その中で、直径0.5mmの違いは意外と大きな違いなのです。

付けてみて比べられると一番いいのですが、
大抵の日本人の女の子の場合、DIA(レンズ直径)14.00mmでも十分、目を大きくすることができます。
しかも、大きすぎず、変わらなすぎでもない、ちょうどいいサイズ感であることが多いですよ。

でも、もともと目全体が大きいのに、それに対して黒目が小さめで、三白眼になってしまっている方や、
これまで14.00mmを使っていて、小さく感じるようになってしまった方など、
14.50mmの方がピッタリ、しっくりくる方もいるでしょう。

もちろん、もっと大きいサイズのカラコンもあるし、
14.50mmはかなり大きい方!というわけではないので、
いつもよりも目を盛りたい方は14.50mmを使ってみるといいかもしれませんね。

ただし、レンズの直径が0.5mm違っても、
着色直径があまり変わらないこともあります。
目の大きさに直結するのは、DIA(レンズ直径)よりも着色直径の方なので、選ぶときは気を付けましょうね。

それに、0.5mmレンズの直径が違うと、見た目だけではなく、装用感が変わってきます。
大きすぎると、つけ心地が悪いと感じることも多いし、
小さすぎると、すぐにずれると感じることもあります。
初めてカラコンを買う前に、コンタクトレンズショップ併設の眼科で試着したりして、確認できるとベストですね。

自分に合うサイズのカラコンを選び、快適に使いましょうね。

総合版 カラコン人気ランキング!

カラコン人気ワンデーおすすめランキング
2014年11月22日 コメントは受け付けていません。 カラコンQ&A