つり目のキツさを抑えるカラコンとアイメイク

目元の印象はその人自身の印象にも大きく影響します。顔は表情を作るところでもあり、その人が何を考えているのか、どう感じているのかを、周りの人がそこから読み取ろうとするところです。

目元を垢抜けさせるだけでなんだかオシャレな人に見えるし、垂れ目にすると可愛く見えるし、つり目だとりりしく見えます。女の子なら、メイクでこのことをよくわかっているでしょう。

顔には誰でも何かしらのコンプレックスがあるもの。目元はアイプチで二重にしたり、つけまつげやエクステでまつげを長くしたり、カラコンで瞳を大きく見せることでこの印象を大きく変えることができます。

使えるものは活用して、自分のコンプレックスは、どんどんと克服していきましょう。

上記に挙げたものの中でも、特にカラコンは使う人を選ぶアイテムです。下手に選ぶと違和感だけが残ってしまったりするものです。

つり目の場合、普段はキツい印象になりがちです。本人は普通にしているだけなのに、にらんでいるように見えることも。

この印象を和らげたいときは、グレーや寒色系のクールな色は控えることです。ブラックやブラウンはもちろん、ピンクなどの暖色系の色味を中心にカラコンをそろえていきましょう。ハーフ系ならパープルなどがおすすめ。

レンズも直径が大きいものがおすすめです。つり目の人は三白眼になると余計にキツい印象になります。デカ目にすれば、自然とこのキツさが抑えられます。

意外かもしれませんが、最近は甘めのファッションを好む益若つばささんも元は垂れ目とは言えない目元です。それがカラコンやメイクで大きなぱっちりとした垂れ目風の目元に大変身。

つり目の人は一度彼女のメイクや使用しているカラコンをチェックしてみるといいかもしれませんね。ポイントは大きめレンズに、下まぶたに重点を置いたアイメイクです。

特に目尻につけまつげのボリュームをつけ、アイメイクで下まぶたのラインが下がるようにすることで、カラコンのデカ目効果と相乗効果を狙えます。

総合版 カラコン人気ランキング!

カラコン人気ワンデーおすすめランキング
2015年1月20日 コメントは受け付けていません。 カラコンQ&A