カラコンは綿棒でこすると色落ちするの?

カラコンの危険性が長いこと取り沙汰されていますね。

カラコンが普通の医療用コンタクトレンズと決定的に違うのは、色素が含まれているところです。

こうした色素はマスカラなどの目に入る危険性を想定したアイメイクに使われる顔料が使用されているそうです。目に入っても負担が少ないように考えられているとは言え、さすがに目の中に放り込むのは有害だったというわけです。

もちろん、レンズ自体の素材の善し悪し、製造方法の善し悪しなど、色々ありますが、多くの場合、この色素によって目の炎症が起き、悪化するほどに致命的な目の病気を引き起こすというのがよく知られています。

そのため、今のカラコンはほとんどが色素を内部に閉じ込めた構造になっています。

でも、カラコンの危険性が取り上げられるたびに、カラコンを綿棒でこすって色素を落とした画像が出回りますよね?

レンズをこすって色が綿棒に移るということは、つまり、商品説明とは裏腹に色素がレンズの外側に露出しているということを意味しています。少なくとも画像投稿者の意図はそうでしょう。

そのまま使い続けると色素が原因で目のトラブルを引き起こしかねません。

しかし、我々がここで気にするべきなのは、綿棒に色が移ると本当に危険なのかというところです。

コンタクトレンズは目の中に直接入れるデリケートな医療品です。そのため、扱いには細心の注意が必要です。

そこに綿棒をこすりつけるというのは少々荒っぽいと感じませんか?

普通にレンズを装着すると、確かに目やまぶたとこすれるでしょう。でも、目の中だと間に涙がクッションになって入るので、かかる力はずいぶんと小さくなります。

綿棒でこするというのは、一般的に考えうるコンタクトレンズの使用方法の範疇でしょうか?

きちんとした研究機関でレンズの表面に色素が出ているかどうかを調べる際は、電子顕微鏡で拡大して確認を取ります。

濡れた状態や乾いた状態など、いくつかの条件を想定して検査されますが、当然のことながら、力をかけて摩擦を引き起こして色素がほかのものに移るかどうかは検査しません。

コンタクトレンズはもともと薄くできているものです。中に色素が閉じ込められていると言っても、その閉じ込める層はごく薄いものです。

力をかけて綿棒でこすれば、その表面がはがれ落ちてしまうことだって十分ありえます。

だから最後に、もう一度考えてみましょう。

カラコンには本当に、綿棒でこすっても破損しないほどの強度が求められているのでしょうか?

総合版 カラコン人気ランキング!

カラコン人気ワンデーおすすめランキング
2015年1月29日 コメントは受け付けていません。 カラコンQ&A