カラコンのフチありとフチなしの違いとは?

フチありとフチなしの違いはカラコン初心者の方には当然の疑問…
カラコンを探していると、時々「フチありだから盛れる!」とか、
「フチなしだからナチュラル!」という言葉を見かけるけれど、フチありとフチなしっていったいどう違うの?
そもそもフチって何!?

フチありとフチなしの違い

フチありカラコンとは

「フチあり」は、カラコンのレンズを縁どるように、濃くてハッキリとしたサークル状のラインがあるもの。
目に付けると、そのハッキリとしたフチが、黒目をしっかりと強調するので、デカ目効果が期待できます。

フチありカラコン装着画像
venuseyes_edge_hazel
画像:ヴィーナスアイズ エッジヘーゼル

フチなしカラコンとは

「フチなし」は、フチありのようなハッキリとしたラインはなく、
黒やブラウンなどの、レンズを縁どっているカラーが、グラデーションなどでぼかされているもの。
はっきりとしたフチがない分、黒目の強調度合は落ちますが、その分とてもナチュラルで、
カラコンを付けているとバレないものも多いです。

フチなしカラコン装着画像
venuseyes_yali_brown
画像:ヴィーナスアイズ エアリーブラウン

最近人気なのはブレンドカラー「グラデーション」カラコン!

ちなみに、フチはあるけれど、フチの内側に別のカラーがついていて、
そのカラーが内側へ向かってグラデーションでぼかされているデザインもあります。
これらのカラコンは、一応ハッキリとしたフチがあるものですが、「フチあり」と呼ばれる場合も、「フチなし」と呼ばれる場合もあるようですね。

グラデーションデザインのカラコンは、ハーフっぽい瞳をつくってくれます。
フチありデザインよりナチュラルで、単色のフチなしデザインよりも、瞳を大きく見せられ瞳の美しさが引き立ちますよ。

venuseyes_mega_nu_h_br
画像:ヴィーナスアイズ ヴィーナスアイズ ヌーディーヘーゼル
画像のヴィーナスアイズ ヌーディーヘーゼルは、3色ブレンドで、ナチュラルなハーフ瞳を演出してくれます。

フチありのカラコンは目力アップ効果MAX!

例えば、カラコンが一般的に認知されるきっかけとなった、初代「ワンデーアキュビューディファイン」は、
黒くてハッキリとしたサークル状のフチのあるデザインでした。

フチありのカラコンは、ちょっとずれるとフチの部分が白目のあたりに行ってしまって怖いと言われてしまったり、
黒フチが目の色に合わず、黒ばかりが目立って違和感がある、という人もいます。

でも、フチありのカラコンの目力アップ効果はやっぱり絶大。
しっかりメイクをしたい!とか、ここぞという時にフチありカラコンを選ぶ女の子も多いですよ。
フチの太さにもいろいろあるので、目立ちたいなら太いフチ、できるだけナチュラルにしたいなら細いフチを選べばOK。

フチなしカラコンはバレないナチュラルさ!

フチなしカラコンの魅力は目が強調されすぎずナチュラルなところ。
それなら、横を向いた時など、ちょっとくらいカラコンがずれても目立たないし、
黒一色のフチありデザインは目になじみやすく、ナチュラルに目力アップ効果もあるし、
目を大きく見せつつ、瞳の色を茶色など好みの色に変えることができるので、とても人気がありますよ♪

フチありとフチなし、好みの方を使ってみてくださいね!

総合版 カラコン人気ランキング!

カラコン人気ワンデーおすすめランキング
2014年12月3日 コメントは受け付けていません。 カラコンQ&A